Vista上で仮想化をON/OFFするためのマクロ

@name vistavis
@author ldr (T.Fujii)
@revision r20080326-1
@license Common Public License 1.0

概要

Windows Vista上で動作する秀丸エディタの仮想化をON/OFFするためのマクロです。
同梱のDLLを既存のhidemsub.dllと置き換えることで起動直後から仮想化を無効にすることも出来ます。

ダウンロード

動作環境

  • Windows Vista (UACが有効になっている環境)
  • 秀丸エディタ(v6.xx/7.xx)

使い方

ldr_vistavis.dllと必要なマクロをマクロフォルダへコピーしてください。
上書きできない旨のエラーが出る場合には、お手数ですが常駐秀丸も含めて
すべての秀丸エディタを終了させた上で行ってみてください。

※r20080131-1をお使いの方へ
使い方を変更しましたので以前のファイルは削除の上、
お手数ですが再度上記手順で導入していただきますようお願いします。

特殊な使い方

※以下の使い方はサイトー企画さんの方でサポートされませんのでご注意ください。
同梱のhidemsub.dllを秀丸エディタの実行ファイル(EXE)のある同名のDLLと置き換えることで
起動直後から仮想化を無効にすることが出来ます。この機能をご利用の場合は、秀丸エディタを
アップデートする際に上書きされますので、アップデート後に再度置き換える必要があります。
(非推奨ですが「読み取り専用」にすることで上書きを防ぐことが出来ます)
↑Ver7.09βあたりから上書きされるようになったようです。

マクロを使わずに常時無効化する方法

ローカルセキュリティポリシーを変更することで常時無効化出来ます。
「コントロールパネル」→「管理ツール」→「ローカルセキュリティポリシー」→「ローカルポリシー」→「セキュリティオプション」
→「ユーザーアカウント制御:ユーザー アカウント制御: ファイルまたはレジストリへの書き込みエラーを各ユーザーの場所に仮想化する」
上記の項目を「無効」にするとすべてのアプリケーションで仮想化が無効になります。

変更履歴

r20080326-1
 * Common Public License Version 1.0を適用

r20080222-1
 * 起動時から無効にした場合、ldr_vista.dllがプロセス内に残ってしまう問題を修正
 * DLLがロードできない場合がある問題を修正

r20080204-1
 * ハンドルがリークする場合があるのを修正
 * 常駐部とマクロDLLを切り離した

r20080131-1
 * 初版
hidemaru/vistavis.txt · 最終更新: 2008/05/01 13:28 by ldr
www.chimeric.de Creative Commons License Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0