Wiki Home > Archives > 2010-01

2010-01

VistaFace のっぺらぼう対策

ノートPCより遅いPen4環境に限界を感じたので、最近Core i7-860ベースのPCを自作しました。(前回エントリのSSDは新しいPCに載せました) ブラウジング程度であれば大きな違いを感じませんが、VMwareやビルド速度が比較にならないくらい速くとても快適です。
CoreDuo以前の環境なら移行をお勧めできるレベルだと思います。

さて、そんな新環境ですが、VistaFaceがのっぺらぼうになる現象が頻発しました。 Core2DuoのノートPCもWindows 7ですが、そんな状況ではなかったのでコア数依存のようです。
さらっと確認したところ、CPU使用率の取得に初回から失敗すると顔パターンが選択されずのっぺらぼうになることがわかりました。
前回同様、こっそり下記にパッチを置いておきました。まだ2週間程度しか動作を見れていないですが、今のところ問題は再発していません。

VistaFace 1.4.0.1 + のっぱらぼう対策

SSDN-ST64H

IO-DATAのSSDを買ってみました。初SSD。
何も考えず一緒に買った2.5インチ→3.5インチのマウンタがAntec SoloのHDD取り付けに合わなかったため紐吊りで暫定設置しました。考えて買いましょう。

さて、気になる速度ですが、ベンチマークは確かに速いです。(Read:175MB/s Write:125MB/s)
ただ、Web巡回など軽い作業をする分には正直体感速度は変わらないです。
シーク音、振動音がないので静かですが、デスクトップPCは他のファンがうるさかったりするので
静音性にはあまり寄与していないと思います。

まだほとんど使っていませんが、現状SSDはノートPC向けだと思いました。
※振動に強い、2.5インチHDDは速度が遅い

  • 容量あたりの単価がHDDと比べて50倍くらい高い
  • 体感速度に大きな違いを感じない

大きなプロジェクトをビルドするようになると差がわかるようになればいいんですが。。。

Wiki Home > Archives > 2010-01

Search
Feeds
Meta

Return to page top