Wiki Home > PC > Android for x86 part.2

Android for x86 part.2

ここで2月中に暇だ、的な内容を書いた途端忙しくなりましたw
前回から随分見ていない間にcupcakeがmaster側へマージされたようでx86用のコードがmasterのブランチで利用できるようです。
さて、ようやくconsoleが表示されない原因を調べることが出来ました。
単純にカーネルビルド時に「Frame buffer Console Support」を有効にしていないのが原因でした。恥ずかしい。。。
ONにすると起動時にずらずらブートメッセージが出てきます。

ひとまずVMware向けベース環境の作り方はわかったので、手順のまとめ。

・ホスト(vmware)上でもう一つ新たに仮想ディスクを作って接続します(2GBくらい)
例えばIDE1:1に繋ぐと /dev/hdd に認識されるのでfdiskでパーティションを作ります。

・mkfs.ext3 /dev/hdd1 でフォーマットします
・/mnt にマウントしてルートシステムを作ります

mount /dev/hdd1 /mnt
sudo cp -fr cupcake/out/target/product/eee_701/root/* /mnt/
sudo cp -fr cupcake/out/target/product/eee_701/system /mnt/
sudo cp -fr cupcake/out/target/product/eee_701/data /mnt/
sudo chmod 666 /mnt/sysmte/usr/key*/*
sudo mkdir -p /mnt/boot/grub
sudo cp -f cupcake/kernel/arch/x86/boot/bzImage /mnt/boot/vmlinuz

・ITproのandroid記事を参考に/mnt/init.rcを修正
mountしている箇所をコメントアウト

・/mnt/boot/grub/menu.lstを作成

default 0
timeout 3
hidenmenu
title android-x86
root (hd0,0)
kernel /boot/vmlinuz root=/dev/sda1 init=/init rw vga=788 rootwait

・grubをインストール

echo "(hd0) /dev/hdd" > android-device.map
sudo grub --device-map=android-device.map
>setup (hd0)

・新規仮想PCを作成し、上記で作成したディスクをIDE0:0に接続
起動するはず…!

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://pixass.online.ac/blog/archives/191/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
Android for x86 part.2 from pixass-online

Wiki Home > PC > Android for x86 part.2

Search
Feeds
Meta

Return to page top